賃貸経営をする場合に不動産会社がしてくれるサービスの基礎知識

賃貸経営をする場合には3つの契約を不動産会社と結ぶことが多いです。不動産会社が入居者を募集する場合は「仲介業務」になります。入居後の物件の管理や入居者対応をする段階では「管理業務」になります。これ以外にさ「サブリース」があります。

不動産会社が物件を借り上げて、不動産会社自身が貸主となり借主に貸し出す業務です。それぞれの業務をしっかり理解して不動産会社を選ぶ必要があります。今回は【賃貸経営をする場合に不動産会社がしてくれるサービスの基礎知識】をご紹介しましょう。

賃貸経営をする場合に不動産会社がしてくれるサービスの基礎知識

とりわけサブリースは注目したいです。頻繁に目にする「空室保証」とか「家賃保証」の文字があるサービスは大部分、このサブリース契約になっております。賃貸経営をするオーナーにとっては便利です。管理業務の手間がありません。安定的に家賃収入を得られるメリットがあります。

レファレンス■土地活用・賃貸経営の一括資料請求サービス|アパート経営比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

ですが、支払ってもらえる賃料は相場よりも少し安くなるのが玉にきずです。不動産会社でも仲介業務専門の会社もあります。また仲介業務と管理業務の両方を取り扱っている会社もあります。管理業務を専門にして仲介業務を外部委託する会社もあります。

サブリースを得意とする会社もあります。取り扱い業務と得意分野はその不動産会社によって違います。仲介をしている不動産会社が実際には管理業務を行っていないこともあります。委託できる業務が何なのかとか、得意分野は何かをしっかりと確認しておきましょう。

別ページで詳細を解説しますが、ここでは概要をご紹介しておくことにしましょう。

■ 賃貸経営で力を貸してもらう不動産会社の業務内容の違い
ここでは、(1)仲介業務(2)管理業務(3)サブリース業務の3つをご紹介します。3つの違いをしっかりと理解いただけると思います。

■ 賃貸経営で不動産会社と契約するときに目的別で向いているサービス
賃貸経営をしようとしているオーナーさんのライフスタイルによっておすすめできるサービスが違います。具体的にオーナー様の目的とおすすめできるサービスをまとめてみました。これから賃貸経営をしようと考えている場合には参考にいただけると思います。

それによって(1)仲介業務(2)管理業務(3)サブリース業務のどれがベストマッチしているのかがご理解いただけるでしょう。

■ 賃貸経営における「普通借家契約」と「定期借家契約(リロケーション)」の違い
ふたつの契約の違いを明確にして、特に定期借家契約の特徴をご紹介しています。途中から定期借家契約にすることはできません。賃貸経営をする場合には安易に選ばないほうがいいでしょう。中には途中で契約を変更すればいいじゃないか……と考えている人もいるかもしれません。

この二つの契約は簡単に契約変更はできないので、慎重に選ぶようにしてください。

■ 賃貸経営をする場合に信頼できる不動産会社をどのようにして選べば良いのか?
賃貸経営をする場合には不動産会社と長い期間にわたってお付き合いすることになります。ひとつの不動産会社に絞るのはなくて複数の不動産会社といろいろと話をしてみるといいでしょう。詳細ページでは(1)仲介業務専門の不動産会社を選ぶポイントと(2)管理業務を委託する不動産会社を選ぶポイントに区分して整理してみたいと思います。

■ いかがでしたでしょうか?
賃貸経営をする場合にいろいろな知識が必要になります。ここでは不動産会社のサービスがどういったものがあるかをご理解いただけるように解説しました。それでは、個別ページを参照してください。皆さまの賃貸経営がうまく成功するように知識を身につけてください。

賃貸経営は事前の準備がとても大切になります。流されないように注意しましょう。