賃貸経営をする場合に信頼できる不動産会社をどのようにして選べば良いのか?

賃貸経営をする場合に力を貸してくれるのが不動産会社です。特に賃貸経営をする場合は不動産会社と長期間に渡ってパートナーとしておつきあいすることになります。

賃貸経営をする場合に信頼できる不動産会社をどのようにして選べば良いのか?

複数の不動産会社の担当者と実際に顔を合わせて提案内容を比較してから選ぶことが大切だと思います。今回は【賃貸経営をする場合に信頼できる不動産会社をどのようにして選べば良いのか?】をご紹介しています。

ここでは

(1)仲介業務専門の不動産会社を選ぶポイント

(2)管理業務を委託する不動産会社を選ぶポイント

に区分して整理しておきたいと思います。

■仲介専門の不動産会社を選ぶ場合に注目したいポイントはココ!
決め手は集客力になります。仲介専門ですから、これが一番大切です。地域の相場や特徴・動向などをしっかりと把握しているかどうかを質問してみればいいです。

的確な答えを用意している不動産会社ならば信頼できます。当たり障りのない返事をするようなところは止めたほうがいいでしょう。

依頼する不動産物件のエリア実績を聞いてみるといいでしょう。実績がないところは検討するに値しません。

■管理業務を委託する不動産会社を選ぶ場合に注目したいポイントはココ!
一番気になることは賃料でしょうが、賃料だけで判断するのはリスクがあるのをご存じでしょうか?賃料を高くするとどうなるか考えてみてください。

なかなか入居者がきまりません。その結果、空室率が高くなります。将来の見通しやサポート体制などノウハウ・知識量が充分であるか複数の不動産会社を比較してみるといいでしょう。

仲介業務を合わせてお願いする場合は、専門の仲介部門があるか、もしくは外部に委託するのかもチェックポイントになります。

■いかがでしたでしょうか?
サブリースをする場合でもリロケーションする場合でも複数の不動産会社と接触を持ちましょう。そうして、最適なパートナー不動産会社を見つけましょう。