賃貸経営で力を貸してもらう不動産会社の業務内容の違い

アパート経営やマンション経営など賃貸経営が流行っていますが、これを全て自分だけでするのは現実的ではありません。その筋の専門家を頼ることは避けては通れません。

その専門家とは不動産会社です。今回は【賃貸経営で力を貸してもらう不動産会社の業務内容の違い】についてお話します。賃貸経営に深く関わってくる不動産会社の業務は色々。

契約する内容や段階によって異なってきます。どのような業務を不動産会社に依頼をするか賃貸経営をするオーナーは決めなければなりません。

それぞれの役割をしっかりと理解しておくことが賃貸経営を成功する秘訣(ひけつ)になります。

■仲介業務

目頭を押さえる女性

マンションやアパートの入居者を募集する業務全般をサポートしてくれるのがこの仲介業務になります。具体的にはどういったことがあるのでしょうか?例えば入居者募集の宣伝広告・入居者の審査・賃貸借契約の手続きが代表的です。

借り主が入居した後の管理業務はこの仲介業務には入らないです。不動産会社の収入は仲介手数料です。これは家賃の1カ月分が上限と決められています。

■管理業務
借り主が実際に引越をしてきて入居したあとの建物管理や入居者対応を中心とする管理に関係するサポートをするのが管理業務となります。

具体的にはどういったことがあるのでしょうか?入居者からのクレーム対応や家賃の集金・建物の修繕対応がメインです。その対応の範囲はとても幅広いです。

契約内容や不動産会社でも委託内容はさまざまです。だから不動産会社に支払う管理料もケース・バイ・ケースです。契約する場合は、このあたりを明確にしておきましょう。

■サブリース業務
この業務は賃貸経営するオーナーにとって特にしっかりと理解しておきたいです。不動産会社がオーナーから不動産物件を借り上げます。

不動産会社が実際の貸主となって借主に貸すサービスです。入居者募集から管理業務まで全てをします。オーナーには入居者があるとかないとか関係なく一定の賃料が支払われます。