賃貸経営における「普通借家契約」と「定期借家契約(リロケーション)」の違い

賃貸経営をする場合に、所有している物件を将来的に使用する予定がある場合があります。そのときは「定期借家契約(リロケーション)」をしておかなければなりません。

一般的な「普通借家契約」との違いはどこにあるのでしょうか?今回は【賃貸経営における「普通借家契約」と「定期借家契約(リロケーション)」の違い】をご紹介しています。

■「普通借家契約」と「定期借家契約(リロケーション)」の違い

■「普通借家契約」と「定期借家契約(リロケーション)」の違い

普通借家契約の場合は、正当な理由がなければ賃貸経営オーナー(家主)から更新を断ることはできなくなります。ですが「定期借家契約」の場合は違います。

あらかじめ期限を定めておけば、契約満了した段階で更新されることはありません。確定的に契約が終了する特別な契約になります。

たとえば将来自分が住む予定がある場合は定期借家契約にしておかなければトラブルになります。

■定期借家契約の特徴
リロケーションと呼ばれることが多いです。このリロケーション業務を専門的に取り扱う不動産会社も多いです。定期借家契約(リロケーション)の場合は借主にとっても一定期間しか住めないという制限がある物件になります。

一般的には賃料が安くなります。契約方法でも普通借家契約は書面でも口頭でもいいのですが、定期借家契約の場合は、公正証書など書面による契約に限られます。

そして更新することがなく、期間の満了により終了することを契約書とは別に、事前に書面を交付して説明しなければならない決まりになっています。

1年未満の契約も可能です。海外勤務を命じられたときに帰国できる時期が分かっている場合には有効に使える契約が定期借家契約になります。

また、老後に暮らしたい家と今の家と両方がある場合などにも使えます。