賃貸経営で不動産会社と契約するときに目的別で向いているサービス

賃貸経営で自分が所有している物件をいかに効率的に活用できるかがポイントになります。そんなときに役立つのがパートナー会社です。

数字が記載されたノート

一般的には不動産会社です。この不動産会社がどのようにサポートしてくれるかをしっかりと理解しておくようにしましょう。

今回は【賃貸経営で不動産会社と契約するときに目的別で向いているサービス】についてお話します。不動産物件を将来使用することがあるでしょうか?その場合は「定期借家契約(リロケーション)」になります。

一般的な「普通借家契約」とは違います。どちらのほうが自分のライフサイクルにあっているかをじっくりと検討しておく必要があります。

目的別のおすすめサービス
1番目は賃貸仲介サービスが向いているオーナーさんです。
(1)管理は自分でして、入居者を募集する仲介業務だけを任せたい
(2)テナントを募集してほしい
(3)入居者募集の仲介業務と管理業務の両方を検討している
(4)すでに賃貸経営をしているが管理する会社を変更したい

2番目はサブリースサービスが向いているオーナーさんです。
(1)オーナー業は副業になっているので、いろいろと時間が避けない
(2)賃料は安くてもいいので、できるだけ空室になって収入が左右されないように安定的な収入を希望する
(3)アパートやマンションを1棟持っていて、入居者募集から管理業務までをまるなげして不動産会社にまかせたい

3番目はリロケーションサービスが向いているオーナーさん。
(1)転勤などの理由のために数年間だけ自宅を貸したい
(2)将来に建て替えすることが決定するが、それまでの間は住む予定がないので他人に貸したい

いかがでしたでしょうか?
こういった目的別に向いているサービスを考えましょう。